トップページへ

2011年3月21日(月)雨


3月11日(金)午後2時46分。東北地方太平洋沖地震発生!

あの日、朝から続いていた会議が終わって、一息ついていた数分後、

今まで経験したことのない強い揺れに襲われました。

机の下に潜り込んだものの、後ろにある大きなロッカーが倒れそうな状態の中、

数秒前の現実とはかけ離れた状況に夢とも現実とも判断できない不思議な時間が過ぎました。

激しい揺れが途切れた瞬間、机の下から這い出したものの気が動転し、次の行動がとれません。



窓の外には、屋外に飛び出した職場の人たちの姿が見えましたが、

再び強い揺れに襲われ、その場を動くことができません。

その後、避難しようと部屋を飛び出し、階段に向かうと、

そこには今まで見たこともない厚い鉄の扉が行く手を阻んでいるいたのです。

「閉じ込められた!」。

私は、この時初めて、この状況が尋常ではないことに気がつきました。



家族の安否を確認しようとしても、家の電話も携帯もつながらず、家族と連絡が取れない状態が続き、



職場では、防災無線が絶え間なく受信され、管内の被害状況が伝えられていました。

そして、日付けが変わるまでに60回以上の余震が続きました。



その後、最初にテレビが映し出した映像は、「これが津波?」と思わせるような緩やかな川の流れが

家もビニールハウスも舐めるように飲み込むものでした。まるで、模型が流されるかのように…




家族は、それぞれの職場で対応に追われ、遅い帰宅となりましたが、全員無事でした。



遠く離れた知人の安否が気になりましたが、確かめようがありません。

数日後、加工ネットの事務局から会員の安否情報が届き、亡くなられた方もいらっしゃることを知りました。

涙が止まりません…。



余震が続く中、原発、放射能物質、計画停電、ガソリン不足etc.

不安なことばかり…。



ここまで、書くのがやっと…。







それでも私には、家族がいて、温かい食べ物も布団もあります。



テレビ・ラジオの報道を聴くたび、止めどなく流れる涙を拭うこともたびたび…、

ここにいる私が泣いてばかりではいけないのに…。



いつもかわいい方言でニコニコ話される彼の地の知人の笑顔にもう一度会いたい。

「必ず、あの笑顔は戻ってくる。」と信じています。

時には、くじけそうになる弱い心を奮い立たせ、私も頑張ります。



被害に遭われた方々はもちろん、日本中の人たちに、一日も早く平穏な日常が戻りますよう…。




2011年2月13日(日)曇り


明日は、バレンタインデー




クーベルチュールチョコレートを贅沢に使ったガトーショコラを作りました。

サイズは小さめですが、生チョコを食べているような濃厚なケーキ。

数に限りがありますが、道の駅でも販売しようと思います。

もし、お目に止まったら、友チョコにお使いくださいね。

本命さんには、あなたの心を込めたひと品をどうぞ…。

私は、夫に感謝を込めて、二品!を送ります。 

2011年2月12日(土)晴れ


十九夜様供養

5年任期の役員も2年目。

メンバーの方が、皆さん几帳面な方なので、準備万端、安心して当日を迎えられました。




ただ、私たちの任期が終わる3年後からは…変わる。

次回の役員予定者の半数の方が、85歳以上の高齢者。

先輩たちは、「後を継ぐ人がいないなら、止めてもいいんじゃないか…」とおっしゃる。

参加者の意見を聴き、多数決で決定した結果は、

「今回の役員さんまでやってもらって、その後はやりたい人がやればいい。」ということに決まりました。

「昔は何の娯楽もなく、女性が集まることもなかったので、地域の女性が親睦を図るために始まった。」と聞いていましたが…、

今、生活パターンも年代も違った地域の女性が集まるのは、本当に大変なことだと思います。

親の介護があったり、休日出勤があったり、お子さんが小さかったり(新しい世帯は、ほとんど核家族)。

一番の問題は、跡取りがいない老人世帯が増えたことにありそうです。

止めると決まってしまったので「細々とでもいいから続けてほしい」という意見を出した人は、「やりたい人」となる。

私は、集まりがなくなっても、お線香を持ってお参りに行きたいと思っています。

娘や孫娘の健康を願って。

2011年2月9日(水)雪のち晴れ


明け方から降り始めた雪でしたが、出勤する頃にはホワイトアウト。

道路はすでにシャーベット状態で、このまま降り続いたら、明日の朝はカチカチ、ツルツル。




予報通り昼過ぎには青空となって、今朝の雪景色はどこへやら。

慣れない雪景色は、これくらいが丁度いい。これ以上降り続いたら日常生活にも影響が出そうです。

2011年2月1日(火)晴れ


平成23年10月1日 栃木県上都賀郡西方町は、栃木県栃木市となります。

1月31日総務省告示第32号

迷走が続いた西方町の『合併問題』ですが、栃木市と西方町の合併について、昨日総務大臣の告示あり、

栃木市との合併が正式に決定しました。

人口7,000人足らずの県下で一番小さな西方町。

地方分権、少子高齢化など、小さな町にとって、自力では対応し切れない大きな問題でした。

10月1日からは、栃木市西方町として、栃木市との合併賛成、反対の垣根を越えて、

地域の活性化に向けてスタート出来ればと思うのですが…。