トップページへ

2012年10月18日(木)小雨


一日中小雨が降り続き、まるで夕暮れ時のような薄暗さ。

足元も冷えて、「そろそろ暖房が必要かな」と考えながら、カーディガンを羽織りました。




大粒の栗は、義母が時折お世話になっている介護施設でできたお友達から。

今までは茹でていただくだけでしたが、今年は渋皮煮に挑戦してみました。

茹でる時間が足らず、少し固め、そして雑な仕事で筋が残ってしまいましたが、

少し加えたブランデーがいい仕事をしてくれました。







真っ赤な紅玉りんごを眺めながら、「何を作ろうかな…」と、ひとりでレシピ作りを楽しんでいます。

試作のアップルパイが美味しかったので、早速りんごを追加注文、明日には届きます。

注文をお願いした時に、松本さんとちょっとお話。

「紅玉にも色々種類があり、煮崩れするものもあれば、そのままの形を残すものもある。」らしい。

この理由については、「品種、収穫時期など、まだまだ検証中」とのこと。(お国ことばがかわいい)

農作物を加工するものにとって、その作物の特徴を知ることはとても大切なことです。




松本さんからいただいたアドバイスも参考に、夫の手を借りて、りんごを煮ることにしました。

真っ赤な皮も利用して、ほんのりピンク色の煮りんご。(ジャムではありません。)




2012年10月17日(水)曇り時々晴れ 夕方から雨


ここ数日、朝の気温が20℃を切り、仕込み水の温度を調整しつつパンの生地作り。










ブルーベリー最盛期には出来なかったこと。

ゴーヤ料理、ドライブルーベリー・トマト・ナス作り、豊作だったきゅうりの塩漬け(保存用)

今年は、こんなことが9月まで可能に…、これは残暑が長かったせい? これだけはうれしかったかな。







ずっと作りたいと思っていた『オークウッド』横田シェフのアップルパイ。

今年は、岩手の松本りんご園さんから送っていただいた、もぎたてで完熟の紅玉りんごで作りました。




2012年10月16日(火)快晴


今年も猛暑の中、怒涛のブルーベリーシーズンが終了しました。

そして、同じようにこの過酷な夏を乗り切ったT&Fのご夫妻とともに恒例の反省会を開催しました。

T&Fご夫妻





『日ごろの行いが良いから(誰かさんの口癖…)』か、秋晴れのもと、食べて、飲んで、おしゃべりして、

充実した2日間を過ごすことができました。

龍王峡にて


鬼怒川温泉





T&Fのご夫妻に初めてお会いしたのは、2003年8月。あれから、どれほどお世話になったことでしょう。

ブルーベリーの栽培を始めるにあたり、本当に親身になってお世話していただきました。

そして、今もご夫婦ともに頼りになる先輩で、いつお会いしても話がつきません。




やっと乗り越えた夏のはずなのに、

「来年のブルーベリーの季節が待ち遠しい!」 なんて、

お互い、どこまでブルーベリーに魅せられているのでしょうね。




なんて人ごとのようですが、私だって同じ、いえいえそれ以上かも。

さて皆さん、反省会で学んだことを活かし、

来年も元気で、(ここが大事ですよ!!)美味しいブルーベリーを育てましょう。

そして、また来年も楽しい反省会しましょうね。